喪中はがき作業は悲しいです

今年不幸な事があった時に必ずやらなければならないことがあります。通常なら年賀状は普通に送ることができますがこの時ばかりは喪中はがきに変更しないといけませんがもしも年賀状を送ったあとに不幸があれば来年は必ず作らなければなりません。店などで頼んだら割引価格でしてもらえます。もちろん住所と名前も印刷してもらえるので手書きじゃないので安心できます。たくさん購入するほど高いです。店以外にも自分で手書きすることもできますが裏だけでは印刷をしないといけない決まりになっています。表書きは自由です。字が綺麗に掛けない人もいますし美しい人もいます。本当の知人や親友や親戚の人だけでいいと思います。全員に送っても知らない人もいますし住所不明な人もいます。もちろん無事に手元に届いてもらえたらうりがたいですが本当に辛いのです

喪中はがき出すなら時期を考えよう

喪中はがきはそのハガキを出している本人の家族が不幸な最期を迎えてしまって1年間は喪に服すため、相手に年賀状を出さないでほしいという意思表示のために行う行為のことです。さてその相手に年賀状を出さないでほしいという意思表示のために行う喪中ハガキですが、ここで大事なのはそれを出すタイミングであります。というのもそのハガキというのは故人が死亡したら直ちに出さないとならないという決まりはありません。また必ずいつの期限までに出さないとならないという決まりもありません。そのためその気になればいつでも出せるわけですが、相手に年賀状を出してほしくないということで出すタイミングとしては11月から12月になるかならないかあたりに出すのがベストだといえます。というのもあまりにも早い時期だと人によっては忘れ去られていたりとかあり得ますし、12月半ば過ぎていると相手に年賀状をすでに出されていたということもあり得ますので年賀状を出すだろう前の時期を見計らって意思表示をするのです。

喪中はがきは気持ち次第

喪中とは、身内に不幸があった場合に、死を悲しんで華やかなおめでたい席にでない、祝いをしないという喪に服す期間のことです。喪中の期間は、特に決まりがなく、その人の気持ち次第になります。しかし、四十九日が過ぎるまでは喪に服し、年賀状はださないのが一般的です。喪中期間に年始があれば、喪中であることを知らせるために送るのが、喪中はがきです。、年賀状を毎年やりとりしている方に送ります。年賀状を送らないという意味と共に、送ってもらうことも遠慮することを含んでいるので、先方が年賀状を作成する前の時期、11月下旬から12月初旬には届くように発送します。もし、喪中はがきを送らなかった相手から年賀状が届いたら、1月7日が過ぎてから寒中見舞いを送り、喪中であったため出さなかったことを伝えるとよいです。また、喪中の方に寒中見舞いを出すのも失礼にはあたりません。